先生のひとり言

先生のひとり言

Tiny Elephant HOME >  先生のひとり言  > 先生のひとり言

先生のひとり言 お知らせから日々のつぶやきまで幅広く情報発信中です!

  • ホームページ

    英検難しかったですか?

    今回の英検には32名が5級~2級までを受験されました。
    普段にない緊張した様子で教室に入ってくる子がたくさんいました。
    皆さんお家でマークシートの記入などを練習してくださっていたようで大きなトラブルがなくよかったです。 テストになると筆記試験では時間が足らない子や異様に時間の余ってしまう子がいたようです。
    筆記テストは文法や単語を理解する力が要る為、特に小さなお子さまには難しかったと思います。リスニングは多分そこそこできているのではと思うのですが、4級以上になるとリスニングでも答えを英文から選ぶことになるので読解力も必要になるので少し難しいとは思うのですが結果が楽しみです。11月7日までには1次試験の結果はでます。みんな合格しているといいなぁ。

    詳しくはこちら

  • ホームページ

    ハロウィンパーティ2011 写真ができました。

    ハロウィンパーティ楽しんでいただけましたか?
    今年度は地域のお祭りや運動会が重なった会員様がたくさんあり、例年より少し参加者の少ないパーティでした。 しかし、参加してくれたおこさまの笑顔がたくさん見ることができうれしかったです。 写真ができあがりましたのでUPしております。
    下記の「ハロウィンパティ写真」をクリックして確認してね!
    クリックしてね!「ハロウィンパーティ写真」

    詳しくはこちら

  • ホームページ

    タイニーキャンプ説明会を開催します。

    思い起こせば今から5年前、私たちが家族旅行でアメリカを訪れた際、娘の為を思いアメリカでホームステイをしました。家族3名でのホームステイはなかなか決まらず、あきらめかけていましたが、出発2週間前に1件のお宅が私たち家族を受け入れてくださることになりました。私たち自身もホームステイ経験はかなりの期間あるのですが、学生の頃気分と親になってからのホームステイとはまた気分が違って新鮮なものでした。ある日、私たちが買い物に出かけようとすると娘が「お留守番する!みんなと遊んどく!」と言いました。当時の5歳の娘が英語がそれほどできる訳でもなく、日本でもお留守番などほとんどしたことのない娘がそう言うのです。理由を聞くと、「みんなと遊んどくほうがたのしい!」といいました。この言葉がきっかけとなり、タイニーの子供たちにもこんな経験させてあげれたらきっと世界観がかわるんだるうなぁ。こどもが何もできないと思っているのは大人の方なんだなぁと思い気づきタイニーキャンプを始めることを決意しました。第1回、第2回のキャンプはフィルムキャンプを実施しました。アメリカで英語でセリフを覚え自主製作のDVDを完成させました。またホームステイもおこないました。さまざまなトラブルもありましたが今となっては本当にいい思い出です。第3回、第4回のキャンプはホームステイをせず共同生活をしながらアメリカを思いっきり満喫しました。歩いてメキシコに入国したりもしました。子供たちの大好きな遊園地も思いっきり楽しみました。そして次回キャンプが5回目となります。今までの経験を活かして更なるチャレンジを試案しております。タイニーキャンプを共同生活方式に切り替えたのには理由があります。アメリカの法律上、小さい年齢のホームステイ先の確保が難しいこと、こどもたちに私たちからのアドバイスなどをしっかり伝えるミーティングの時間を長く持つことです。ホームステイは中学生、高校生になればいくらでもできます。ただそれまでにアメリカ人の考え方、基本的なルール、マナーを教えてあげたいという考えに私たちが変わったからです。まずは失敗しない。おもいっきり楽しんでくる。またアメリカに行ってみたいと思う事。自分に自信をつけて日本に帰国すること!これらのことがとても大切です。
    話は長くなりましたが、ハロウィンパーティ開催同日にタイニーキャンプ説明会を開催します。次回キャンプはもちろん、今後キャンプ参加をお考えの方は(特に2~3年以内の方)できるだけ参加してください。2013年以降のキャンプにつきましては毎年の開催から2~3年毎の開催に切り替えていく意向です。そのことにつきましても説明会でお話しさせていただきます。お忙しいとは思いますが是非説明会にお越しください。参加を希望される方はメールにて参加の意思を事前に教室までお伝えください。

    詳しくはこちら

PAGE TOP